ホーム > DVD教材 > 内科 > 免疫介在性血液疾患の極意(3…

免疫介在性血液疾患の極意(3ヶ月プログラム初月号)

日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)で血液疾患コンテンツを持つ人気講師のセミナーがご自宅で受講できるようになりました。

免疫介在性血液疾患の極意(3ヶ月プログラム初月号)
価格 24,980円+税 (配送料・代引手数料無料)

在庫あり(この商品は福岡県の配送センターより発送します。)
60日返金保証付き

※1 領収書について
配送業者の受領書及び利用明細書をもって領収書とさせていただきます。 別途領収書をご希望の際は備考欄にご記入ください。

※2 お届け日について
お届け日をご希望の際は、備考欄にご記入ください。
但し、配送業者からのお届けとなりますので、確約は出来かねますことをご了承ください。 (なお、発送はご注文日の翌営業日以降となります。)
この商品を今すぐ購入する

FAXでもお申込み頂けます>>
お手持ちのプリンターで印刷してお使いください。

LINEで送る


商品情報

講師: 藤野 泰人
ディスク枚数: 2枚
収録時間: 119分
特典: -
制作・販売元: (株) 医療情報研究所

内容紹介

免疫介在性血液疾患の「病態と診断」「治療と予後」が、3ヶ月でマスターできます

講師

藤野 泰人

藤野 泰人

JBVP、動物臨床医学会、JCVIM等にて内科系コンテンツを持ち、細胞診、腫瘍性疾患、血液異常、感染症、輸血療法など多くの執筆や講師を務める。MVMでも多くの記事を執筆。日本小動物血液療法研究会副会長、小動物臨床血液研究会企画実行委員、動物臨床医学会評議員、CytoVetAdviser診断医。獣医学博士。


ポイント

“血球減少を示す患者様に遭遇したら…”

免疫介在性血液疾患は、小動物臨床において頻繁に遭遇する造血系疾患です。

血球減少症を示す、免疫介在性血液疾患が疑われる動物に遭遇したとき…/p>

原発性(自己免疫性)なのか?

それとも、続発性(他の疾患に併発した免疫異常)なのか?

これを的確に診断しなければ、適切な治療は実施できません。

しかし、臨床医が各疾患の病態や診断手順を十分に把握せず、先入観によって判断してしまうと、誤った治療を実施することに。

その結果、症状がさらに重篤化するだけではなく…

“動物を死に至らしめてしまうことも…”

このような過誤を避けるためには、免疫介在性血液疾患についての正確な知識を、熟知する必要があります。

しかし実際には、免疫介在性血液疾患を専門的に学ぶ機会は多くありません。

このような問題を解決するために企画したのが、今回の「免疫介在性血液疾患パーフェクト講座」

この講座では、大学の講義や教科書では学べない、免疫介在性血液疾患の「病態と検査」「診断」「治療と予後」が3ヶ月でマスターできます。

“3ヶ月間、じっくりと学んでみませんか?”

今回の3カ月コースで学べる、藤野先生の免疫介在性血液疾患は、かなりのボリュームですので、1日、2日では学びきれません。

ですから、今回は、いつもと違い、3ヶ月プログラムとして、DVD教材をご提供させていただくことにしました。

毎月、免疫介在性血液疾患が学べるDVD教材2枚をお送りいたします。

初月のお試し価格は6980円。

途中解約、返金保証があるのでリスクはありません。

今すぐお申込みください。

一般動物病院における「犬と猫の輸血療法」について、大学では学べない実践的な知識・技術を収録したセミナーDVD↓

プログラム1ヶ月目(DVD2枚)

プログラム2ヶ月目(DVD2枚)

プログラム3ヶ月目(DVD2枚)

※他にも、多くの内容が学べます。

理解しているよで、曖昧だった部分がよくわかりました

免疫介在性か、2次性の溶血かの判断に悩む事が多かったので、より明確に理解出来ました。
免疫介在性溶血性貧血の際、輸血に躊躇していた部分があった。
判断の基準が明確になったし、輸血の検査や副作用が以前曖昧な所がより明確になった。
また、輸血をより安全にすると方法が明確に理解出来た。病態の正しい把握検査を実施して、治療方針が明確になった。
輸血前の血液型の検査、輸血後のサポートなどを実施していきたい。
理解しているよで、曖昧だった部分がよくわかりました。日常で多く経験する病気なので、是非参考にしてください。

評価:★★★★

東京都在住

亡くなる病気ですので教材を見てしっかり復習、整理をすることが大事

診断がついたとしてなかなかコントロールが難しいことはあるため、副作用のことも含めどう付き合っていくのか。
知識の整理と復習ができた。基本的なところで抜けていたところがあったが確認することができた。
貧血の子が来院した際に一つずつ確認しながら診断をしていきたいと思った。院フォームもしっかりできそう。
免疫介在性疾患は亡くなる病気ですので教材を見てしっかり復習、整理をすることが大事だと思います。

評価:★★★★

宮城県在住

獣医もオーナーも納得のいく治療を行うためにはかなり有効な情報ばかり

日々の臨床でよく遭遇するIMHA、IMTPなどが、これまでの治療報告・プロトコールを模倣することで本当に対応できているのか不安だったため、その答えを期待して購入しました。
免疫介在性血球減少症の分類・病気のメカニズムから丁寧に説明されています。セミナーに行って聞いただけでは覚えきれないので、何度も見直せるのが良いです。また、症例報告を通して骨髄検査の必要性も再確認できました。
骨髄検査をもっと見直して実施していきたいです。免疫介在性血液疾患ならとりあえず輸血・ステロイドと免疫抑制剤、という治療を改めたいと思いました。
まだ全3部の1部(Disc2枚)だけを見た感想ですが、これまでの治療を覆すような、画期的な検査・診断法や治療プロトコールが収録されているわけではありません。正直なところ、学会発浮キるわけでなければ、ここまで診断・分類しなくても治療は可狽ネのかもしれません。ですが、基本に戻って鑑別診断リストを作成し、獣医もオーナーも納得のいく治療を行うためにはかなり有効な情報ばかりだと思います。それにより、救われる動物が増えればこれほど嬉しいことはありません。これから送られてくるあと2部(Disc計5枚)が楽しみです。

評価:★★★★

東京都在住

復習やまとめとしてみると欠けてた知識の確認になります

一週間まえくらいに免疫疾患で2頭死んだので勉強しようかなとおもっていたのでちょうどいいタイミングだった。
まだ1巻だけなのでなんともいえないですがボリュームがありべんきょうしがいがある。ほんみるより耳からはいるのでよい。
まだ治療の項目みてないので実践しようがないですが、あたらしい治療薬をそろえて、次回にやくだてたいとおもいます。
3巻でひとまとめなのでボリュームがあり説明もわかりやすいので、復習やまとめとしてみると欠けてた知識の確認になります。

評価:★★★★

栃木県在住

自分の診断に足りていなかった項目がわかり本当にすっきりした気分です

貧血の子が来た時に、確定診断がとれずステロイド治療をしてもいいのかいつも悩んでおりました。
貧血をしっかりと系統立てて分類することで有効な治療に早くたどりつけるとおもいました。自分の診断に足りていなかった項目がわかり本当にすっきりした気分です。
貧血の子が来たらすぐにしっかりとした塗抹を見ています。ニューメチレンとギムザと作っています。目的がわかれば検査も楽しくなります。
毎日来る貧血の診断が劇的に変わるとおもいます。本だけだとごちゃごちゃだった何々性貧血がすっきりわかりました。ぜひ皆さんにも勉強してもらいたいです。

評価:★★★★★

島根県在住

すぐに参考になると思います

血小板減少症の際の鑑別や治療方法、再生不良性貧血の細かい鑑別方法がわからなかった
今までは暫定診断という形で診療や治療を進めていた事が多かったが、しっかり確定診断を行う事の重要性の再確認ができました
一度、確定診断が出ているが、病態に変化があった場合、もう一度再検査をする事や、改めて血小板減少が来院が来院した際に、鑑別診断の再確認
日常の診断で抜けていた事の再確認や再生不良性貧血の再認識が出来ました。すぐに参考になると思います。

評価:★★★★

東京都在住

解説がわかりやすくさんこうになった。

免疫介在性血小板減少症における鑑別診断において、どのような手順で診断していくべきなのかや、診断方法に不安があった。
教材を見て免疫介在性の疾患に遭遇した際における診断方法はもちろんだが、その際における具体的な検査センターや検査項目を藤野先生から説明があったので、とても参考になりました。
普段の診療では滅多に遭遇する疾患ではないが、生死にかかわる疾患であるためしっかりと診断手順を頭に入れ、的確な検査方法で診断と治療を実践していきたい。
JBVP東京レクチャーシリーズにおける藤野先生の講演内容とかなり重なる部分はあるが、DVDにより何度も視聴出来、復習が出来る事はメリットかと感じる。
ただ、骨髄検査方法やその際に生じる注意点などもっと臨床で役に立つ情報も載せてもらえたらよかったかなと感じる。

評価:★★★

栃木県在住

詳しい説明で理解しやすい教材

免疫介在性血液疾患シリーズ1・2までで病態生理や症状・鑑別診断方法を学んでこれらが、実際の治療となると全く別問題であり、また洛繧ェどれくらいなのかをしっかりと把握出来ていなかったが、
免疫介在性の疾患には、いくつもの治療方法、薬剤が記載されているが、DVDの中で具体的に薬剤それぞれの効果のスピードや安全性、費用対効果などをお話ししてもらえているので、とても参考になった。
免疫介在性血液疾患の極意シリーズ3まで全て見終えて、まだ自分の物に出来ていないと思うので、何回も繰り返し視聴し頭に浸透させていきたい。
シリーズ3においては、とても具体的に治療方法や薬剤の特性を話してもらえてるので、症例に遭遇した際にはすぐに実践に移せると感じました。

評価:★★★

栃木県在住

治療がスムーズになりました

過去に何例か免疫介在性貧血の症例を担当しましたが、洛繧ノ関する説明や、薬の反応が悪い時の次の対応などがもう少しスムーズにしてあげたかったというのが、ずっと頭にありました。
非再生性貧血と、再生性貧血の患者の洛繧ェ想像以上に差があったのと、赤血球の自己凝集が+の場合にクームス試験は、特に必須ではないことなどは勉強になりました。
各疾患の洛縺Aリスクについてしっかり説明し、患者様から治療を受けているのによくならないなどといわれないようにしていきたいです。
寄生虫のスクリーニング検査やFDPの院内検査キッドのことなど、臨床現場ですぐにつかえる情報も満載で非常におすすめの教材になっております。

評価:★★★★

千葉県在住

商品発送について

配送について

商品は、お申込み頂いた翌営業日に福岡県にあります配送センターより発送いたします。お住まいの地域によってはお届けに3日以上かかる場合がございます。

また、お支払方法によって配送業者が異なります。クレジット決済でのお申し込みの場合は佐川急便にて、代金引換でのお申し込みの場合は日本郵便にてお送りしております。
予めご了承ください。

返金保証について

安心の60日間返金保証(返送費用・返金振込手数料弊社負担)

DVDの内容を60日間実践されて結果が全く出なかった…という場合は、下記手順にて、返品を承ります。

まず、ご購入商品名およびFAX番号(FAXが無い方はメールアドレス)をお電話にてお伝えください。事務手続きを経て、商品返送の確認が取れましたら、送料・返金手数料も含め、お支払い頂いた費用の全額を10営業日以内に返金させて頂く事をお約束します。

※1 領収書について
配送業者の受領書及び利用明細書をもって領収書とさせていただきます。 別途領収書をご希望の際は備考欄にご記入ください。

※2 お届け日について
お届け日をご希望の際は、備考欄にご記入ください。
但し、配送業者からのお届けとなりますので、確約は出来かねますことをご了承ください。 (なお、発送はご注文日の翌営業日以降となります。)
この商品を今すぐ購入する

FAXでもお申込み頂けます>>
お手持ちのプリンターで印刷してお使いください。

PAGE TOP